英字紙記者が読み解く2020大学入試改革

新・共通テストの英語は「読む」「聞く」 設問文も英語で、語彙数は大幅増

2019.12.16

author
金 漢一
Main Image

萩生田光一文部科学相の「身の丈」発言が引き金となって導入が延期になった英語の民間試験(英語外部試験)。しかしながら、民間試験と併用されるはずだった大学入学共通テスト(共通テスト)の英語については、予定された方針で来年度から実施し、配点も変えないと発表されました。さて、この共通テストの英語に対して、受験生や保護者は、どう準備をすべきなのでしょうか。大手予備校の河合塾・アセスメント事業推進部の下松淳子(くだまつ・あつこ)部長に話を伺いました。

共通テスト、リスニングに大きな変化

受験生の「読む・聞く・書く・話す」の4技能を評価したい。しかし、数十万人が受験する大学入試センターの英語の試験では「読む・聞く」はともかく、残りの技能を一度に測るのは難しい。それなら、その部分を実績のある民間の検定・資格試験で補おう――。大略ながら、このような形で2020年度から民間試験が共通テストに導入される筋書きだった。

しかし、萩生田文科相の発言がきっかけで、それまでも指摘されていた受験機会の公平性などの問題が再燃し、民間試験の来年度の導入は断念することになった。政府は今後1年をめどに、民間試験の活用の有無も含めて新たな制度を検討することになった。

それでも、萩生田文科相や文科省は改めて、英語教育において4技能の育成が大切であることに変わりはないとの見解を示している。

「受験生は、私立大を中心とした入試などで民間試験の活用が増えていることを忘れずに、志望校の入試要項をしっかりと確認してほしい。4技能を学ぶことの大切さを認識した学習計画が必要になると思います」と下松さんは話す。

さて、今回のテーマである共通テストの話に移そう。センター試験から共通テストになる英語の試験も、「改革」の流れを受けて試験内容が変わることが決まっていた。来年度の民間試験がなくなったことで動向が注目されていたが、共通テストは決まっていた方針の下、行われることになった。

共通テストでの英語の配点は、センター試験で「リーディング」200点、「リスニング」50点だったのが、共通テストではともに100点ずつになる。ただし、合否判定にあてる配点の比重は、大学の判断で変えられるという。

2018年度にあった共通テストの試行調査から判断すると、全体としてこれまで日本語で書かれていた設問文は英語になる。「読む」にあたる筆記では、従来の発音やアクセントの位置を問う問題、英単語を正しく並べ替える語句整序問題は姿を消して、まさにリーディングの能力が試される。

「リーディングでは、共通テストでは語彙(ごい)数が圧倒的に増えています。これは文章が長くなったのではなく、いろんなテーマ、タイプの問題が扱われるからです」と下松さんは話す。

配点が大きくなるリスニングでは、英文が読み上げられる回数が、1回と2回が混在する構成となり、日常の話し方に近い、より自然な調子になるという。そして、グローバル英語の観点から、米国の発音以外に、英国や、英語を母語としない国の人の発音も含む。

さらに、リーディング・リスニングともに、実際の生活の中で活用するコミュニケーションを想定した問題が多くなるという。

試行調査のリスニング問題の一例。M と W の間の会話に続いて Question が読み上げられる
試行調査のリスニング問題の一例。M と W の間の会話に続いて Question が読み上げられる

図1は、共通テストに向けた試行調査で出題されたリスニングの問題だ。けがをした患者と医者の会話を聞き、けがをしたところを答える問題となっている。しかしながら、体の部位を示す単語は会話に出てこない。患者が、How will I take notes in class, then? と話す部分を聞き取り、腕のけがだと判断する能力が問われることになる。

「情報を読み取って整理する情報分析力と課題解決力が問われる」と下松さん。例えば、ポスターやチラシを素材にした問題の場合、そこに書かれた日時や情報を単純に聞かれるのではなく、複数の情報を勘案して答えを導き出すような問題だ。

リスニング問題の対策では、聞いた言葉を書き出して確認しておくことが大事だという。

「簡単な例ですが、Thank you をサンキューとつなげて読まれて、Thank you と単語を分けて綴(つづ)れるのは、その単語が頭に入っているから。自然な英文の読み方になると、言葉がつながって聞こえてきます。本番に対する対策として、ディクテーション(読み上げられた英文の書き取り)などでアウトプットして、単語を確認していく練習が大事になります」

ただし4技能重視とはいえ、それぞれの技能を分断した学習法ではなく、統合して学習するのが肝要だという。「音声教材などで聞いたものを自分でも話してみて、同じようになっているかどうか。聞いたものを書いてみて、同じものになっているかどうか。このような形で複数の技能を統合した学習ができます」と下松さんは語る。

「英語民間試験」

2020年度に始まる大学入学共通テストで、「読む・聞く・話す・書く」の4技能を評価するために活用される予定だった。英検、GTEC、ケンブリッジ英語検定、TEAP、TEAP CBT、IELTS、TOEFL iBTと、20年度は大学入試センターが認定した7種類の試験を活用。各試験の成績は6段階で評価され、国のシステムを通じて大学に送られることになっていた。

Asahi Weeklyは朝日新聞社が発行する週刊英字新聞です。

Latest Articles新着記事