予備校リレーコラム

センター試験直前! 過去問対策のコツ 時間との闘いを制すには?

2019.12.10

author
代々木ゼミナール
Main Image
  • 問題演習を通して基礎知識の習得確認を
  • 最後は時間との戦いになるセンター試験
  • 朝型の生活リズムで体調を整える

いよいよ大学入試本番が直前に迫ってきました。

センター試験を受験する人は過去問題を含め、マーク式問題を中心に対策している時期だと思います。実際に問題を解いてみると、今までの勉強の成果が発揮できず落ち込むことも多いのではないでしょうか。入試直前期にどう対策していくかに加え、本番に向けた準備にも注意が必要です。

問題演習を通して基礎知識の習得確認を

入試直前は問題演習(アウトプット)を中心に行いますが、本番前の仕上がり具合により、この時期でも基礎知識の確認(インプット)が必要なケースもあります。その場合、自分が何を確認すべきかを見極めることが重要です。例えば、英語であれば、「単語」「文法・語法」「英作文」「英文読解」のような分野別に苦手があるのか、それとも、「時制」「関係詞」「仮定法」のようにピンポイントで対策をするべきなのかを明確にしましょう。これを解決するために予備校の講習会などを活用するのも一つの方法です。

ただし、確認する内容は講習会で学習した範囲に絞るなど、勉強内容や時間の使い方にメリハリをつけましょう。限られた時間の中では何に重点を置くべきかを見定め、焦点を絞って対策をすることが肝要です。

基礎知識の確認は、センター試験を受験する人については12月がリミットです。知識のみを頭に入れても問題は解けないので、1月になったら演習に集中しましょう。試験までの期間を逆算した上で学習スケジュールを立て、計画的に勉強を進めることを心がけてください。

リレーコラム12月号(1)

最後は時間との戦いになるセンター試験

既にセンター試験対策を始めている人は、これまで問題を解けるようになるための勉強をしていたと思います。今後はこのことに次の二つを加えていきましょう。一つは「マークをする」ことも実行する、もう一つは「時間を短く」して問題演習を行うことです。

例えば、センター試験の数学の試験時間は60分ですが、問題を解くことに全ての時間をかけることはできません。マークシートに解答を塗り潰すこと、さらに試験後に自己採点を行うため、問題冊子にメモしておくことも試験時間内にやらなくてはなりません。マークにかかる時間は個人差があります。自分がどのくらいの時間を要するかの確認を含め、マークの練習は必ずやりましょう。

また、試験本番は学校の定期考査や模擬試験とは比べものにならないほど緊張する人が多いのではないでしょうか。緊張が高まると、思うように問題が解けないことや、普段よりも時間が短く感じることが起こりえます。このような状況にも対応できるよう、日ごろ問題演習する際は制限時間を短く設定するとよいです。数学であれば5~10分程度短くして、時間配分を考えてみましょう。

これからの時期のセンター試験対策は時間との戦いになります。短時間で得点を積み重ねられるよう演習を繰り返してみましょう。

リレーコラム12月号(2)

朝型の生活リズムで体調を整える

日ごろの学習と共に、入試直前期で大切なのが体調管理です。特に、これからの時期はインフルエンザをはじめ、体調を崩しやすい季節となります。感染症にかからないための予防を含め、自身の体調を整えましょう。入試直前だからこそ、きちんとすべきなのが十分な睡眠時間の確保です。焦りや緊張から少しでも多く勉強したい気持ちはわかりますが、睡眠時間を削って学習時間を確保することは本末転倒です。睡眠をしっかりとることで、体だけではなく頭の疲れをためないことを心がけましょう。

また、夜型の生活リズムになっている人は、早めに朝型に切り替えていきましょう。起床してから脳が働くまでは一定の時間を要します。センター試験や大学ごとに行われる個別入試は、午前中に試験開始となります。万全の態勢で試験に臨めるよう学習面だけでなく、生活面もしっかり準備しましょう。

(教育総合研究所 教育情報企画推進室 川崎 武司室長)

*参考 代ゼミwebサイト

代々木ゼミナール 冬期直前講習会

代々木ゼミナール 入試情報

先輩の声―冬期・直前期の受験生の過ごし方【国立大学編】

先輩の声―冬期・直前期の受験生の過ごし方【私立大学編】

Latest Articles新着記事