エンスタナビ ~Enjoy Study Navigation~

高校入試の数学、「苦手」は思い込み 基礎固めは量が勝負

2019.12.04

author
寺村 貴彰
Main Image

高校入試、大学入試について、それぞれに向けての効果的な勉強法を教科(科目)別に解説するシリーズを連載していきます。今回は高校入試を念頭に置いた数学編。河合塾Wings用賀教室の篠原裕教室長に聞きました。「数学は苦手だと思われやすい教科ですが、多くの場合、それは思い込み」と話します。

ほかの教科とくらべると、数学は「なんとなく」では解答欄がうめられず、できる人とできない人の差がはっきり出やすい教科です。そのため、「自分は数学が苦手なんだ」と思い込みやすいという面があります。

でも、それは自分自身の力を高める機会がなかっただけで、思い込みをなくすことが、成績を伸ばすための第一歩になります。

中学生の生徒たちからは「どうして数学を勉強しなければならないの?」とよく聞かれます。「行きたい高校に合格するため」という答えもまちがいではありません。けれども、みなさんの身近なところでなにか問題が生じたとき、友達に自分の考えを論理立てて説明したり伝えたりできれば、その問題を解決に導けるかもしれません。

「論理立てて」という数学の考え方は、身のまわりで起こることを解く(=解決する)のにも役立つのです。 

問題演習の「量をこなす」のが効果的

中学に入学すると「文字」という抽象的な概念をあつかうようになり、出題の内容が把握できないという人が増えます。中1の場合、特に1次方程式の文章題でつまずきやすいようですが、それまでに教わる正負の数や文字式、1次方程式の計算などに対する理解が不十分なことが原因です。

数学は習った単元の難易度が少しずつ高くなっていく「積み重ねの学問」です。基本的な内容を身につけるには「量をこなす」のが一番。問題の演習を重ねるのが効果的です。

540x1204エンスタ-1.jpg

中2で数学に自信がないという場合、連立方程式の計算を復習してみます。そのうえで、1次関数を学習することをおすすめします。ほかの単元にくらべると、1次関数の解法パターンはかぎられており、解けるようになりやすいからです。

また、中2では証明問題もつまずきやすい部分です。証明するときに使う条件は覚えているものの、それらをどのように使い、どのように記述すればいいのか迷う人がめだちます。まずは証明するときの決まった型を使いこなすことをめざしましょう。

中3では、相似や円といった図形分野に苦戦しがちです。関数などとは異なり、いろいろな出題のパターンがあるからです。必ず理解しなければならないのが「定義」や「定理」の内容。それぞれを規定する言葉を丸暗記するのではなく、どうしてそのような表現になるのかをおさえることが欠かせません。

定義や定理について、正しく理解できているかどうか不安であれば、友達や家族に説明してみるのが一つの方法です。記憶を定着させるにはインプットだけではなく、アウトプットの機会を増やすことが重要。説明する内容を整理したうえで相手に伝えることで定着します。 

1204エンスタ-2.jpg

「大学入学共通テスト」になっても、問われる内容は変わらない

大学入試では現行の「大学入試センター試験」にかわり、2020年度(実施は21年1月)から「大学入学共通テスト」がとり入れられます。高校入試でもこれまで以上に思考力や判断力、表現力が問われるようになり、不安を感じているみなさんがいるかもしれません。

大学入学共通テストを視野に入れ、出題の形式など問われかたはかわるとみられていますが、数学の内容そのものが大きくかわるわけではなく、急に勉強方法をかえる必要もないと思います。

大事なのは基礎的な問題を解けるようにすること「数学は苦手だ」という気持ちは「解きたい!」という気持ちがなければ出てこないものでもあります。難易度が低めの問題をくり返し解いて正答を導くことで、少しずつ自信をつけていきましょう。あせることなく、一つひとつ階段をのぼっていってください。

 ※朝日中高生新聞2019年10月27日付

Latest Articles新着記事