鉄ちゃんの育て方

鉄道うんちくは中学入試に役立つ?! 開成中入試でも駅名問題、来春出そうなのは…

2019.11.08

author
葉山 梢
Main Image

電車の本ばかり読んでいる我が子を見ていると「ちょっとは勉強したら?」と言いたくなりますよね。でも、ちょっと待って。実はその電車の知識、入試にも役立つかもしれません。

2018年度は10校以上で出題

中学受験の“御三家”の一つ、開成中学校(東京都荒川区)の2017年度入試はちょっとした話題になりました。

社会の問題の中で、JR目黒駅の駅名表示のイメージ図を示し「JY22という表示のJYが表しているものを具体的に答えなさい」と問います。答えはJR山手線。鉄ちゃんなら即座に答えられる問題でしょう。

電車好きは有利!? 鉄道うんちくは中学入試にも役立つ
JR目黒駅の駅名表示

大学の付属中学・高等学校の教頭を経て、出題者の立場から入試問題を研究する早川明夫・文教大学生涯学習センター講師は「以前から、鉄道関係の問題は時々見かけるなぁと思っていました」といいます。早川先生は毎年100校以上の中学入試問題を見ています。改めて数えてもらったところ、2019年度は2校、2018年度は10校以上で鉄道に関する問題が出題されていました。「特に男子校に多い傾向がある」といいます。

よく出るのは、貨物の輸送をトラックなどの自動車と鉄道や船舶とを組み合わせることで二酸化炭素の排出削減を図る「モーダルシフト」や、自動車から途中で電車やバスに乗り換えて移動することで交通混雑を緩和する「パークアンドライド」についての問題です。

たとえば、2018年度の早稲田実業学校中等部(東京都国分寺市)の社会の問題です。

電車好きは有利!? 鉄道うんちくは中学入試にも役立つ

この問題に正答するには、モーダルシフトの内容や背景をきちんと理解しておく必要があります。早川先生は「地球環境の問題を考えると、鉄道の長所はこれからいっそう見直されそうで、今後も入試に出るでしょう」と予想します。

ちなみにこの年の同校の社会には、京急川崎駅の平日と休日、上りと下りの時刻表4つを比べて、新宿駅への「平日朝の通学に利用する時刻表」はどれか答える問題も出ていました。もし受験生の中に電車好きの子がいたら小躍りしたことでしょう。

電車好きは有利!? 鉄道うんちくは中学入試にも役立つ
“鉄ちゃん”ではないが「電車の車窓から景色を眺めるのが好き」という早川明夫先生

“乗り鉄”は地図帳持参で

地理の問題の導入として、新幹線などの路線図や車窓から見える景色が登場することもあります。

たとえば、2018年度の攻玉社中学校(東京都品川区)の社会の問題です。

電車好きは有利!? 鉄道うんちくは中学入試にも役立つ

実際の入試問題はこの後、東海道新幹線沿線に位置する都府県の製造品出荷額や世界遺産に関する問いが続きます。

早川先生によると、このような問題は地理の総合的な力や応用力を見ようとしているのだそうです。「“乗り鉄”なら、電車には地図帳を持って乗りましょう。たとえば東海道新幹線に乗ったら、車窓から富士山や茶畑、製紙パルプ工場が見えるので、地図帳と照らし合わせてみるといいですよ」と助言します。机上だけの勉強より、学んだことが定着しやすいのだといいます。

駅や路線の名前から漢字を覚えることもできるし、歴史と絡めて学べることもあります。たとえばJRの総武線や信越線、土讃線は旧国名から1字ずつ取って路線名としています。「親が少しヒントを出してあげれば、旧国名を覚えたり、701年の大宝律令から始まった令制国へと興味が広がったりするかもしれません」と早川先生。

来年度の入試に出そうなのは……

鉄道がらみの問題は、開通○周年などの節目の年や、交通に関する大きなニュースがあった年に出ることが多いといいます。ずばり、2020年度の入試では出るのでしょうか?

早川先生が注目するニュースの一つは、スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥンベリさんが大量の温室効果ガスを出す飛行機ではなく鉄道を利用したという話題。もう一つは、台風19号で北陸新幹線の全車両の3分の1が被災したというニュースです。「入試問題は夏ごろまでに作ることが多いので時期的に微妙なのですが、環境問題や災害に絡めて出題される可能性はあります」

早川先生は鉄ちゃんを育てる保護者に向け、「好奇心の強い子は学習意欲が高く、中学に入ってから伸びる子が多い。得意なことがあると自信につながるので、親はバックアップしてあげて」とエールを送ってくれました。

記者が調べたところ、大学入試センター試験の地理や、公立中高一貫校の適性検査でも鉄道関係の問題が出たケースがありました。

もちろん、電車のことばかり勉強していても合格できるわけではありませんが、受験勉強にもプラスの効果があることは間違いなさそうです。

クラスに必ずいる鉄道ファン、通称「鉄ちゃん」。不定期連載「鉄ちゃんの育て方」では、鉄道をこよなく愛する子どもを育てる保護者の方々に向け、子どもの鉄道愛を単なる趣味に終わらせず、学習や人間的成長に生かしていくためのすべを考えます。

Latest Articles新着記事