どうなる? 英語民間試験活用見送り

2020大学入学共通テスト、英語は当面「読む・聞く」の2技能のまま 共通IDの発行も中止に

2019.11.01

author
上野 創
Main Image

文部科学省が11月1日、2020年度から始まる大学入学共通テストで活用する予定だった英語民間試験について、「来年度からの導入を見送る」と発表しました。この日は、民間試験の成績を大学側に送付するために必要な「共通ID」の発行受け付けの当日でもありました。今後、どうなるのでしょうか。

文科相「仕組みを含めて抜本的に見直し」 1年めどに検討へ

萩生田光一・文部科学相は1日、「仕組みを含めて抜本的に見直しを図っていきたい」と記者団に語りました。今後、検討会議を設け、英語の民間試験を活用するかどうかを含め、1年をめどに結論を出すとのことです。高校の新しい学習指導要領が実施されるのに合わせ、2024年度には共通テスト全体の見直しが予定されており、検討会議の結論はこのタイミングで反映させる方針を示しました。現在の中学1年生が主な対象となります

予定では、大学入試センター試験にかわって20年度に始まる「大学入学共通テスト」で、英検やGTECなど7種類の民間試験を活用することになっていました。「読む・聞く・話す・書く」の4技能のうち、特に「話す」技能をはかるための活用でした。数十万人が同時に「話す」試験を受けたり、それを短時間で採点したりするのが困難なためです。

今の高校2年生ら20年度に受験する人が初めての対象者となる予定で、原則として高校3年の4~12月に受けた2回までの成績が考慮される仕組みでした。実施に向け、民間試験業者は準備を進めており、英検は既に一部で受験生からの申し込み受け付けを始めていました。

民間試験自体がなくなるわけではなく、選抜で民間試験を活用している大学は以前からあり、20年度以降もあるでしょう。各大学で様々な判断がありそうなので、受験生は注意して出願先の情報を集める必要がります。20年~23年度に実施される入試ではこれまでと同様、大学入試センターが「読む・聞く」の2技能の試験を実施することになります

国語、数学の記述式は予定通り実施

また、この英語民間試験の成績を、出願する大学に提出してもらうため、受験生は「共通ID」を取得する必要がありました。これは大学入試センターが個人を特定するために一人にひとつ発行する10桁の番号です。

1日は、大学入試センターが、学校経由の申し込みを受け付ける最初の日でしたが、英語民間試験の活用が見送られるのを受け、ID発行も中止となります。午前11時に同センターに電話で問い合わせてみると、混乱している様子で、「報道の内容を確認していて保留とのことですので、まずは申込書を簡易書留で発送するのは待ってください」と回答しました。

一方、20年度実施の大学入試改革は、英語の民間試験活用だけでなく、共通テストでの国語や数学における記述式導入などもあります。これらの記述式などの「改革」は現在のところ予定通り実施されるので受験生は準備が必要です。

萩生田文科相は、高校生や保護者に対し、以下のようにメッセージを出しています。

 受験生をはじめとした高校生、保護者の皆様へ

文部科学大臣の萩生田光一です。皆様に、令和2年度の大学入試における英語民間試験活用のための「大学入試英語成績提供システム」の導入を見送ることをお伝えします。
大学入試における英語民間試験に向けて、今日まで熱心に勉強に取り組んでいる高校生も多いと思います。今回の決定でそうした皆様との約束を果たせなくなってしまったことを、大変申し訳なく思います。
英語民間試験を予定通り実施するかどうかに関しては、高校生をはじめ多くの皆様から、賛成・反対、様々な意見をいただいてきました。
私としては、目標の大学に向けて英語試験の勉強を重ねている高校生の姿を思い浮かべながら、当初の予定通りのスケジュールで試験を実施するために、連日取り組んできました。
しかし、大変残念ですが、英語教育充実のために導入を予定してきた英語民間試験を、経済的な状況や居住している地域にかかわらず、等しく安心して受けられるようにするためには、更なる時間が必要だと判断するに至りました。
大学入試における新たな英語試験については、新学習指導要領が適用される令和6年度に実施する試験から導入することとし、今後一年を目途に検討し、結論を出すこととします。
皆様が安心して、受験に臨むことができる仕組みを構築していくことをお約束します。
今回、文部科学省としてシステムの導入見送りを決めましたが、高校生にとって、読む・聞く・話す・書くといった英語4技能をバランスよく身に付け、伸ばすことが大切なことには変わりがありません。
グローバル化が進展する中で、英語によるコミュニケーション能力を身に付けることは大変重要なことです。皆様には、これからも日々の授業を大切にするとともに、それぞれの目標に向かって努力を積み重ねて頂きたいと思います。

令和元年11月1日
文部科学大臣 萩生田光一

Latest Articles新着記事