「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

中学入試直前 最後の模試で偏差値に愕然! 親はどうしたらいい?

2019.12.03

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.直前期に入り、子どもが失速気味です。大丈夫でしょうか?

6年生最後の模試にも関わらず、愕然とするような偏差値を取ってきて、不安と焦りが倍増……!というご家庭もあるかと思います。

しかし、この現象はそれほど珍しいことではありません。学校行事などで多忙な秋、失速する子どもたちが多いなか、その時期に踏ん張って頑張り続けてきた子に疲れが出てきたのです。

子どもの頑張りは、最大で3か月程度までしか続きません。今、ちょうどその頑張りの切れ目を迎えていると考えられます。

大切なのは、最高の状態で本番にのぞむこと。入試本番までまだ3週間以上あるので、十分にペースを取り戻すことができます

きょうこ先生イラスト11.26.png

ただし、失速している子どもをあおっても、気力を充電し、自信を回復させることはできません。「今まで頑張ってきて、ちょっと疲れちゃったね」と、子どもに理解を示し、「入試までには戻るから大丈夫だよ」と安心させてあげましょう。睡眠時間や休憩を少し長めに取らせるだけでもずいぶん違ってきます。

また、今の時期、模試の結果は本番の出来とほとんど関係ありません。模試の結果は忘れ、日々の課題に淡々と向き合わせてあげてください。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)

Latest Articles新着記事