大学なんでもランキング

小学校教員採用数No.1 北海道教育大が頭一つ抜ける理由

2019.09.11

author
原子 禅
Main Image

小学校教員採用数で全国トップ、中学校教員採用数では2位にランクインした北海道教育大(朝日新聞出版「大学ランキング2020」から)。教員養成課程を持つキャンパスは道内に3つあるが、なかでも釧路校は教員採用試験の採用率が頭一つ抜けている。そのカギは「へき地・小規模校体験」にありそうだ。(撮影/朝日新聞出版写真部・小黒冴夏)

子どもへの理解を深める実習

北海道教育大は、道内5都市にキャンパスがあり、そのうち教員養成課程を持つのは、札幌、旭川、釧路の3校だ。教員採用試験の採用率は、札幌・旭川の両校が約60%なのに対し、釧路校は80%弱。大学が行う4年次の教員志望率調査でも、釧路校は他の2校より10%ほど高い数字だという。

 「その主な理由は、『実習などの現場体験時間数』『へき地・小規模校体験』にあるのではないかと考えています」と、蛇穴(じゃあな)治夫学長は説明する。

北海道教育大2
「教師は苦労も多いがその分やりがいもある職業」と話す北海道教育大の蛇穴治夫学長

 現場体験時間数は札幌校(856時間)、旭川校(791時間)に比べ、釧路校は1102時間と多い。現場体験は1年生からカリキュラムに組み込まれ、同じ学校に年次をまたいで行くことにより、長期的な子どもの成長を実感することができる。また、周辺に小規模学校が多い釧路校は全校生徒数が10~20人の「へき地校」での体験実習が数多くあり、学生たちの成長を促している。

 「へき地校では、全学年の生徒一人ひとりときめ細かく触れ合うことができ、子どもへの理解が深まります。また、保護者の方との距離も近くなります。このような体験をしていると、大規模な学校へ実習に行った際も自信をもって臨めるようです」(蛇穴学長)

 学生へのアンケートでも92%の学生がこの体験を高く評価し、「教職について見つめ直す機会になった」というコメントもあった。

子どもと触れ合うのが大切

4年間、釧路校で学び、今年度から大学院に進学した阿蘓寛明さんは山形県の出身。「教育現場での実践的な授業が多く、そのバリエーションも幅広いこと」に魅力を感じ、入学を決めた。阿蘓さんは、小学校教諭をめざしているが、中学校や特別支援学校、海外の学校などでの実習も体験した。

 「とにかく、子どもと触れ合うのが大切だと考えました。『へき地校』実習にももちろん行きました。十勝地方の中学校だったのですが、生徒数は20人程度。失敗も多かったのですが、それを振り返ることで、学びも多かったです」(阿蘓さん)

北海道教育大3
北海道教育大釧路校大学院教育学研究科学校教育専攻1年の阿蘓寛明さん

昨年度、北海道の教員採用試験をパスしたが、あえて大学院進学を決めた。

 「子どもの可能性を広げてあげられる教師になりたいと考えています。そのためにも『教師の仕事・役割』についてもう少し深く学びたいと考えました」(同)

 釧路校の魅力は、「学生同士の距離が近いこと」だと語る。

 「全国から教師になりたい人が集まっているので、自然に一致団結する感じです。また、教員と学生の関係も親密です」(同)

 修士課程修了後は「へき地校」での勤務を考えているという。

北海道教育大4
北海道教育大釧路校の学生による「へき地校体験実習」の様子(写真提供/北海道教育大)

「理論と実践のリンク」をめざす

蛇穴学長は教員養成課程を持つ3校の今後の展開についてこのように話す。

 「これらの『子どもと触れ合う体験的な授業』に力を入れつつ、その結果を学びに生かす『理論と実践のリンク』をめざしています。また、『へき地校体験』は札幌・旭川校も周辺事情に合った形でさらに取り入れていく予定です。本学に入学した学生たちは、自身の小・中学校時代にいい先生に出会い、教職をめざしている人がほとんど。その情熱や使命感、子どもへの愛情をしぼませることなく、より高めていくのが我々の仕事です」(蛇穴学長)

メモ

北海道教育大学 四つの師範学校を前身とし、1949年に道内5都市(札幌、旭川、釧路、函館、岩見沢)にキャンパスを持つ教員養成大学として開学。現在、札幌・旭川・釧路校は教員養成課程、函館校は国際地域学科、岩見沢校は芸術・スポーツ文化学科の1課程2学科を有する。

北海道教育グラフ

<コラム> 教員養成といえばかつては国立大学の教育学部が独壇場だったが、昨今では私立大学も健闘している。小学校教員では、自治体ごとにみると、地元の国立大学より実績が高い私立大学がいくつかある。一方、国立大学では学部単位の再編統合の動きが出ており、2020年度から群馬大と宇都宮大は、一部の授業を共通化して両大学で学部運営する共同教育学部を設置する方針を固めた。

Latest Articles新着記事