「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

2学期が始まってから元気がない、子どもの急な「学校嫌い」に対処するには

2019.09.10

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.学校が始まってから急に元気がなくなったようです

お子さんは、毎日小学校にどのような気持ちで通っているでしょうか? 私が今まで教えてきた経験からすると、小学校が「好き」「普通」「嫌い」は3:4:3くらいです。

学校が好き、あるいは普通というお子さんの場合は、元気に送り出してあげればよいのですが、学校が嫌いなお子さんは、9月に入って途端に活力がなくなったり、イライラしたりしていませんか?

学校が嫌いなのにも色々理由があります。もしお子さんがいじめられているならば、それは真剣に対処法を親子で考えねばなりません。それ以外の理由、たとえば「学級崩壊している」「先生が嫌い」「うるさい子が隣の席になった」などは親からすると大したことがない理由に思えるかもしれませんが、子どもにとっては死活問題です。

特に多いのが、真面目な女の子が「男子がウザい」というもの。ウザいの理由は、うるさい、ちょっかいをかけてくる、下品、幼稚など色々ありますが、ペースを保ちたい女子からすると、実は大きく体力・気力を消耗します。そのため、帰宅しても勉強に身が入らず、テストもミスを頻発してボロボロになります。

このような場合は、まず子どもの不満を毎日、徹底的に聞いてあげましょう。「そんなことくらい」「しゃべってないで宿題しなさい」と親は言いがちですが、不満をどこかで出さねばどんどん子どもは元気がなくなります。長い時は1時間以上も延々と学校の愚痴が続くこともありますが、学校生活に対するマイナス思考を増幅させるのではなく、「じゃ、明日からどうしたらいいかな」と具体的な解決法を真剣に考えてあげましょう

きょうこ先生イラスト9.17.png

もちろん、解決法通りにいくほど小学校生活はヤワではありません。でも、「親が話を真剣に聞いて一緒に考えてくれる」ということでどれほど子どもが救われることか。

そして、最終手段は「ご褒美」です。「今月、学校で頑張れたら○○しようね」「○○を買ってあげる」。何でも構いません。夏前からご褒美漬けは賛成しかねますが、9月以降は心身共に消耗していく時期。ここからは適切なご褒美は非常に有効です。

因みに、ウザい男子(本人の言葉です)に囲まれる席になってしまった教え子のご褒美は「真田丸の懐中時計」で、それをゲットしてからは学校の愚痴を一切言わず、元気に登校するようになりました。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)
中学受験 6年生の親がすべきこと
中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします
安浪京子 (著)
朝日学生新聞社
価格:1,620円

Latest Articles新着記事