「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

夏期講習の宿題が終わらない… 夏休み、「全教科を満遍なく」はNG

2019.08.06

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.夏期講習の宿題が終わりません

結論から言えば、4、5年生ならまだしも、6年生が夏期講習の宿題全てをそつなくこなすことは不可能です。何故なら、6年生の夏期講習は今まで学んだ内容の総復習となりますが、どの子どもにも得意分野、苦手分野があり、扱う分野によって宿題にかかる時間が異なるからです。

きょうこ先生イラスト8.06.png

たとえば「速さ」が苦手分野だとしましょう。夏期講習はあくまで「復習」なので、一から基礎を教えてはくれません。今までに何度も扱ったという前提で、入試問題を解かされることも多々あります。しかし、旅人算の基礎もおぼつかない子が、そのような授業内容を理解できるはずがなく、ましてその日に出された宿題に一人で取り組めるわけがありません。

夏期講習で全ての分野をさらうことによって、苦手分野を洗い出すのは確かに有効です。しかし、今までのテスト類で苦手分野は十分把握できるはず。

入試までにまとまった時間がとれるのは夏休みしかありません。夏休みは「全てを満遍なく」ではなく、苦手かつ重要分野を絞って徹底的にやり込みましょう。

よって、宿題全てを完璧にしようとせず、時には宿題を間引いて、苦手分野にあてる時間を捻出するのがお勧めです。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)
中学受験 6年生の親がすべきこと
中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします
安浪京子 (著)
朝日学生新聞社
価格:1,620円

Latest Articles新着記事