予備校リレーコラム

大学受験を制すには 夏休みの勉強計画 おさえたい5つのポイント

2019.07.16

author
駿台予備学校
Main Image
  • 夏休みに何をすべきか、まず考えてみよう!
  • ムリ・ムダのない計画が、夏を制するカギ。
  • 計画を立てるうえで、重要な5つのポイント。

いよいよ令和初の夏休みがスタートしますね。みなさんは夏の学習計画をしっかり立てられていますか?「夏を制する者は受験を制す!」という言葉があるように、この夏をいかに過ごすかで、秋以降の学力伸長に大きな差が出てくることになります。そこで、今回は計画の立て方や、夏に何をすべきか?をお伝えしていきたいと思います。

高校生活

夏の学習計画を立てるポイントとは?

長い夏休みは、ただ学習時間をキープするだけではいけません。特に受験を意識した学習の場合には学習分野も広く、ムリ・ムダのない計画を立てることが重要です。

では、下記のポイントに留意して計画を立ててみましょう!

(1)夏の目標を立てよう
「7・8月でこれだけは実行する」という具体的な目標を立てましょう。目標が決まれば計画が立てやすくなります。例えば「英文法問題集」や「英単語集」を1冊夏休みで仕上げてしまうなど、具体的な目標を複数考えてみましょう。

(2)今までやってきた教科書や問題集の復習を計画にいれよう
中学や高校で普段学んできたことの復習が、ちゃんとできていますか?もし復習がおろそかになっていたり、定着していないと思われる分野があったりしたら、夏休みを使って総復習をやってしまいましょう。それが受験にむけた基礎力を身につけることにつながります。

(3)夏休みを使って苦手科目の克服をしよう
じっくりと取り組める時間があるからこそ、苦手科目・分野の克服もしっかりと計画に組み込みましょう。※苦手科目の克服法に関しては、前回コラムの内容も参照してみてください。

大学受験、直前の心の余裕のために 夏こそ苦手科目克服のススメ

(4)中学・高校や予備校・塾の夏期講習を上手に利用しよう
自宅学習だけでは夏の計画が決められない方は夏期講習を受講するのもよいでしょう。講習は短期集中でテーマ・分野が絞られた講座も多く、自分の目標に沿った講座を受講することで夏の計画にメリハリがつくし、効果を発揮するはずです。

自習室

(5)計画と実行記録は可視化しよう
「何をいつまでにやる」「毎日○ページずつ進む」といった具体的計画が決まったら、必ず細かく、目に見えるわかりやすい計画書を作成してください。いまはスマホのアプリもあります。計画書を常に身につけて、よく確認すると効果があります。いよいよ実行の段階になったら、「今日は、この問題集は○ページまで進んだ」などと計画書に細かく記録をつけていきましょう。そうすることでモチベーションを持続させることにもつながります。もし計画通りにいかなかった場合には、目で見るとすぐにわかるはずですので、早いうちに計画の修正もできるはずです。

受験勉強というものは、一人ひとりの志望大学や、得手不得手によっても、重要な教科・科目も変わります。つまり夏休みの学習計画であっても、友達や先輩とは同じような計画にはなりません。したがって今述べてきたようなポイントを参考にしながら、自分のための、自分がこなしていける、無理のない学習計画を立てていきましょう。ぜひ有意義な夏休みを過ごしてくださいね!

(駿台予備学校お茶の水校3号館(東大専門校舎) 井上光 校舎長)



  • 井上光 校舎長からの校舎紹介

    駿台予備学校発祥の地「お茶の水」、駿台のすべてがここにあります! 伝統と実績、豊富なコースラインナップがあなたをお待ちしております。駿台お茶の水校は最高の学習環境で、あなたの第一志望合格をサポートします。2019年春、お茶の水校3号館(東大専門校舎)は校舎リニューアルし、より快適な学習空間に生まれ変わりました!

Latest Articles新着記事