「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

小4、小5の夏休み これだけは取り組みたい! 算数の重要ポイント

2019.07.23

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.夏休みはどのようなことに注意して過ごせばよいでしょうか? 4~5年生編

4年生で最も大切なことは「学習習慣を身につけること」であり、「学習内容を深めること」はその次となります。

5年生で最も大切なことは「学習ペースを崩さないこと」であり、次いで「重要分野を攻略すること」となります。

どちらの学年も、優先順位は以下となります。(塾に通っていることを前提としています)

(1) 計算、漢字に毎日取り組む
(2) 夏期講習に通う
(3) 夏期講習で出た塾の宿題に取り組む
(4) 2~7月で習った内容の弱点補強

(1)は必ず実行しましょう。とはいえ、まだ受験学年ではないので、旅行などで①、②が皆勤にならなくても大丈夫です。

また、塾の宿題は全てするにこしたことはありませんが、なかには理解が難しくて宿題が終わらない分野もあると思います。ここで無理矢理詰め込んで勉強嫌いにしてしまうのは本末転倒。あまりに時間のかかる分野は、塾の先生に相談して「最低限やるべき問題」を選んでもらいましょう。

きょうこ先生イラスト7.23.png

ちなみに、4、5年生の算数の重要分野は以下になります。

4年生
「計算」  … 分数の四則小数の四則
「数」   … 約数倍数公約数公倍数最大公約数最小公倍数
「特殊算」 … 和差算/消去算/つるかめ算/過不足算/植木算

5年生
「割合」  … 基本比の文章題/売買損益/食塩
「速さ」  … 単位換算基本公式旅人算速さと比
「特殊算」 … 相当算/倍数算/年齢算/仕事算/やりとり算

赤字は必須単元です。ここが理解できていないと、9月以降に扱う他の単元の理解が進みません。また、特殊算はテストなどで成果が出やすいため、夏休み明けのテストで子どもが達成感を得るために有効な単元です。

そして、1~3年生と同様、勉強とは直接関係のない場所に色々連れていってあげてください。年々、中学入試では経験、生活の中での様々な考え方を問う問題が増えてきています。旅先で食べた郷土料理、海で拾った色々な貝殻、帰省先で聞いたおじいさんの幼年期の話など、五感と想像力が豊かになる時間をたくさん作ってあげてください。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)
中学受験 6年生の親がすべきこと
中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします
安浪京子 (著)
朝日学生新聞社
価格:1,620円

Latest Articles新着記事