予備校リレーコラム

大学受験、直前の心の余裕のために 夏こそ苦手科目克服のススメ 

2019.07.09

author
駿台予備学校
Main Image
  • 基本的な問題を確実に得点するのがベター。苦手科目をなくすことが重要
  • 苦手科目(分野)を明確にするためにはまず自己分析。やるべきことを明確に
  • 長期休暇を活用し、早めに苦手を克服して気持ちに余裕を持とう

苦手科目の克服と、得意科目を伸ばす どちらが効率的?

大学受験で合格を勝ち取った人の多くは、基本的な問題、みんなが解ける問題で確実に得点しています。難しい問題が解けることは“ベスト”ですが、“ベター”なのは基本的な問題をミスなく安定して解けること。そのためには、最も失点につながりやすい苦手科目(分野)をなくすことがとても重要なのです。

受験生の中には、苦手科目を得意科目でカバーしようと考える人もいるでしょう。しかし、得意科目がプラスでも、苦手科目でマイナスなら、相殺されて結果はゼロです。得意科目のプラス分は、苦手科目がなくなって初めて生きてくるのです。
また、得意科目をさらに伸ばすには、より深く、広い知識と学習量が必要になりますので、苦手科目を克服する方が、はるかに効率的な学習であることがわかります。

自習室

どこが苦手なのか、模擬試験で見極めを

では、苦手科目はどのように学習すればよいのでしょうか。一口に苦手科目といっても、どこが苦手かわからなければ対処のしようがありません。まずは模擬試験の成績表などで自己診断を行ってみてください。苦手科目が英語なら、平均点との差が一番大きい分野は文法か、読解か、あるいは英作文なのか、といった見極めを行うのです。

こうしてやるべきことを明確にして学校の教科書へ戻り、基礎事項から見直していくのですが、この時に注意したいのが、必ずわからなくなった最初の段階まで戻るということ。ピラミッドが頂上から造れないのと同じで、高校3年生なら高校1・2年生の、高校1・2年生なら中学生の教科書へ戻ってやり直さなければ、学力を上げることはできないのです。

苦手科目を勉強

苦手科目なくなれば、気持ちに余裕

また、苦手科目の克服には時間がかかりますので、毎日少しずつ、繰り返し学習するようにしましょう。夏・冬といった長期休暇を利用するのも効果的です。特に高校3年生はこの夏が勝負ですから、早めに夏の計画を立てて臨みましょう。苦手科目はどうしても後回しにしがちなので、「毎日必ず決まった時間にやる」「1日必ず何題解く」などのノルマを自分に課したり、学校や予備校の夏期講習を受講したりするなど、最初に予定に組み入れてしまいましょう。駿台の夏期講習には分野・レベル別に豊富な講座が用意されていますので、上手に活用することをおススメします。

苦手な科目がなくなれば気持ちに余裕が生まれ、自信を持って入試へ向かうことができます。苦手科目を早めに克服して、第一志望合格を勝ち取りましょう。

(駿台予備学校お茶の水校1号館 宮本勲 校舎長)

  • 宮本勲 校舎長からの校舎紹介

    駿台予備学校発祥の地「お茶の水」、駿台のすべてがここにあります!伝統と実績、豊富なコースラインナップがあなたをお待ちしております。駿台お茶の水校は最高の学習環境で、あなたの第一志望合格をサポートします。

Latest Articles新着記事