<朝日新聞社からのお知らせ> 夏休みの自由研究、カルチャーセンターの1日講座で!

2019.07.04

Main Image

何をするか決められていないから一番悩む、夏休みの自由研究。大人向けのカルチャーセンターも、夏はキッズ向け、宿題対策向けの1日講座がたくさん用意されています。

夏休みの宿題に関する各種のアンケートで、親子ともに「最もてこずった」「苦労した」となるのが自由研究。テーマを指定しない学校が多いようですが、逆に何をどうするか決められていないだけに、あれこれ悩んで日が経ってしまった……なんてパターンも少なくありません。ふだんは大人向けに幅広い分野の講座を開いている朝日カルチャーセンター朝日カルチャーセンター教養、語学、趣味、健康、旅行企画など多彩・多様な講座を、アクティブシニア層を中心に提供している国内最大級の生涯学習センター。札幌をはじめ千葉、新宿、横浜、名古屋、京都、大阪、福岡など全国14拠点で展開している。も、夏は親子向けに、「1日で宿題対策になる」入会不要の公開講座を開いています。今から予定を組んで手軽に済ませるもよし、テーマを何にするかの参考にするもよし。カルチャーセンターの講座の中からその一部をご紹介します。

(詳細は同センターの特集ページ「2019 夏休み子ども教室」に掲載しています。満席になり次第、募集は締め切りますが、キャンセル待ちや増設もあるので、問い合わせてみてください)

(注)※印は平日開催の講座になります。

《宇宙を知ろう!》

探査機による数々の発見、アポロ以来の月探査計画など、宇宙に関するニュースが相次いでいます。関心の高まりを背景に、難しそうな話を一流の先生方がわかりやすく解説する講座が目白押しです。

「宇宙ってどうやって始まったの?」。そんな素朴な疑問に実験を交えて答えるのは「大人も子どもも一緒に考える 宇宙の始まり・宇宙の果て」(8月4日新宿)。「ブラックホールってなんだろう? 夏休み親子自然科学教室」(8月24日横浜)は、相対性理論を学びながらクイズなどを交えて未知なる世界を体験します。話題のイトカワやリュウグウを3D映像で視覚的に体感して学ぶのは「3D映像を見ながら学ぶ大宇宙における小惑星」(7月27日大阪・くずは教室)。宇宙の謎と物理学の世界を解説する「宇宙ってなに? 小学生からはじめる物理学」(7月28日立川)、SF映画の世界を身近に感じる「宇宙旅行とタイムマシン」(8月10日福岡)、いずれも親子で楽しめる内容です。

《作ってみよう! 描いてみよう!》

チャンキー松本の切り絵教室
チャンキー松本さんの切り絵教室では、ハサミと紙を使って、動物と鳥とジャングルを作れる

工作・絵画は自由研究の“テッパン”の一つですが、どうせ出すなら、ひとひねりあるものを提出したいもの。神奈川・藤沢の湘南教室ではコントラバスとピアノの生演奏を聴きながらアートワークも楽しむカリキュラム(8月17日)。NHKEテレ「えいごであそぼ with Orton」の切り絵担当で有名な、チャンキー松本さんが切り絵を教える講座では、切り絵でゾウやキリンでジャングルを作り、鳥の羽が動く切り絵にも挑戦します(7月21日立川)。

「巨大名刺を描いてみよう」(8月8日立川※)は画用紙に大きく自分の名前を書き、好きな色、形、物を使って、自分のことが伝わる絵を描きます。「夏休み子ども絵画教室」(7月30日横浜※)は様々な形のカラフルなパーツと画材で、イメージ力と表現力を伸ばします。「昆虫をリアルに描く」(8月23日名古屋※)では、標本の観察を楽しみながら図鑑のように正確に描いていきます。

絵画
ひとひねりある絵画教室も

≪マニアックな見学会、体験講座を利用する≫

ふだんはなかなか見ることのない現場を体験できる見学会や、専門性の高い体験講座を利用してリポートにまとめてしまうのも手です。
横浜市の鉄道車両工場では、様々な鉄道車両がつくられる現場を生で見て、ものづくりの工程と歴史を学び取ります(7月26日※)。東京・羽田にある朝日新聞社航空部格納庫では、パイロットによる解説や映像放映で空の取材の舞台裏を紹介。機体に触れたり、機体をバックに写真を撮ったりする見学会を開きます(7月31日※)。

格納庫
朝日新聞社航空部の講座では、格納庫を訪れ、パイロットによる解説など空の取材の舞台裏がわかる

専門性の高い体験モノなら、例えば、世界共通のルールを持った知的スポーツを体験する「小学生のためのチェス」(7月29日新宿※)。小学1~3年生の部と4~6年生の部に分けて、美しいロジックに彩られた国際的ゲームの面白さを知る講座です。全天球カメラ「THETA(シータ)」を使ってぐるっと360度、大迫力の写真撮影に挑戦する写真教室もあります(8月1日立川※)。

横浜教室の「親子で体験 いけばな・草月流」は、型を学ぶだけでなく、自由な発想を大切にした指導を受けられるチャンスです。親子で楽しく、花の美しさを追求します(7月28日)。千葉教室ではティアラと衣装をつけて、バレリーナになって踊ってみることができます。記念撮影タイムでは、思い出の詰まった「証拠写真」を撮っておきましょう。松山バレエ団員の丁寧な指導で、3歳~小学3年は8月7日、小学3~6年は8月21日(共に水曜)に開催します。

≪おまけ:夏休みの締めくくりには……≫

最後に、自由研究は別として、夏休みの締めくくりにふさわしい講座を一つ、ご紹介します。ゲームや勉強でストレスがいっぱいの目を癒し、体のゆがみや心の緊張を解きほぐす「家族でまなぶ眼(め)ヨガ」講座(名古屋)。夏休みの疲れがたまる頃の8月25日、勉強の合間などに自宅で続けられる簡単なヨガを学びます。夏休みが終わったら活躍する技です。

「2019 夏休み子ども教室」に、記事内で紹介した講座の日時や申し込み方法などが載っています)

Latest Articles新着記事