「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

塾をやめて家庭学習だけで受験しようかと迷っています

2019.05.21

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.塾をやめて家庭学習だけで受験しようかと迷っています

家庭学習のメリットは、何といってもわが子に応じたレベルとペースで勉強できることであり、これは塾では望めない部分です。教材も、市販のテキストから通信、今は動画もたくさん出ています。これらを駆使すれば、ある程度の学校までは受験する力がつきます。

一方、デメリットとして最も懸念すべきは「強い意思がなければ続けられない」という点です。自宅にはテレビやゲームといった誘惑もあり、勉強すると決めた時間からスタートできるのか、親子で衝突続きにならないか……これは全ての受験家庭に共通の悩みですが、その悩みがさらに大きくなりがちです。

家庭学習に切り替える場合は、学習到達度を客観的に図る上でも、そして何より競争心を絶やさないためにも、必ず外部模試を受け続けましょう。たくさんの受験生に囲まれ(子どもは多人数に圧倒されます)、緊張とプレッシャーが強いられる状況に慣れないことには、入試本番で心が負けてしまいます。

また、最難関校や難関校の一部は、家庭学習のみでは難しい部分もあります。この場合は、志望校別特訓のみ参加する、あるいはプロにフォローしてもらうなどの手立てをつけ加えましょう。

外部模試を受け続けて競争心をキープしましょう
6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)
中学受験 6年生の親がすべきこと
中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします
安浪京子 (著)
朝日学生新聞社
価格:1,620円

Latest Articles新着記事