「6年生の親がすべきこと」 中学受験の悩みにお答え!

子どもに志望校がなく、勉強のモチベーションが上がりません

2019.05.07

author
安浪 京子
Main Image

「子どものやる気が感じられない」「過去問はいつから?」 中学受験、保護者の悩みをすっきり解決!カリスマ家庭教師がQ&A方式でお答えします。 最後の1年で子どもは変わる!

Q.子どもに志望校がなく、勉強のモチベーションが上がりません

「どうしても○○に行きたい!」というお子さんは、(それが可能ラインか不可能ラインかは別にして)勉強する動機を持つことができます。しかし、意外に多いのが

「みんなが受験するから」
「そういうものだから」

という、本人に強いモチベーションがないケースです。勉強しない姿に業を煮やして「受験やめる?」と聞いても、大抵の場合「受験はする」と返してくるので、どのように勉強に向かわせればよいのか困る、という相談をたびたび受けます。

きょうこ先生イラスト5/7

私が指導に入っている場合は、テストの点数は一旦横に置き、「解けた喜び」「達成感」をできるだけ持たせるようにしています。

家庭で「解けた喜び」を実感させるには、親から「どう解いたの? 教えてほしいなぁ」と、子どもに解き方を説明してもらうことです。

解いた過程を説明することによって子どもにとって解法が腑に落ちるだけでなく、親に「へぇ〜!」と感心され、ほめてもらうことが何より喜びにつながります

テストの点数はバロメーターにはなりますが、こと復習テストにおいては実力を反映していないケースも多々あります。また、「わかった!」が即点数に結びつくわけではありません。

「わかったって言っていたのに、どうして点数が取れてないの! 本当にちゃんと解いたの!?」と親が叱る場面にたくさん遭遇してきましたが、「わかったこと」と「テストで正解させること」は全く別の能力です。

「解けた喜び」「達成感」は、本来の学びの姿です。目先のテストに追われて理解もしないまま、出題範囲を丸暗記してその場をこなす学習スタイル(特に復習テストに顕著です)より、はるかに学力は盤石になります。それをコツコツと積み上げ、6年の秋に頑張れば手の届きそうなラインナップから学校を選べばよいのではないでしょうか?

「中学受験のためにこれだけ投資しているのに、何を悠長なことを」と思われるかもしれませんが、志望校を持っていない子どもの成長を待てず、周囲と比較して一喜一憂し、親子関係が険悪になるならば、中学受験はやめられる方が賢明です。

学ぶ喜びを得ることは一生の財産です。せっかく中学受験をするならば、お子さんをつぶす方向ではなく、伸びしろのある様々な面を伸ばすようにしてあげてください。

6年生の親がすべきこと年間表(前半)
6年生の親がすべきこと年間表(後半)
中学受験 6年生の親がすべきこと
中学受験 6年生の親がすべきこと 53の悩みにお答えします
安浪京子 (著)
朝日学生新聞社
価格:1,620円

Latest Articles新着記事